医学書の感想

実際に購入した医学書のレビューサイト

【書評】 脳卒中治療ガイドライン2015 【感想】

脳卒中治療ガイドライン2015

6年ぶりの改訂となる本書は、従来からの項目については2009年版(~2007年4月)以降の2007年5月から2013年12月までの文献を、新規・変更項目については1992年以降(初版同様)の文献を検索し、さらに2014年1月以降の文献からも、委員会として妥当と判断した重要文献はハンドサーチ文献として採用した。その結果、2009年版で検索した1万件を遥かに凌ぐ、2万3,000件以上の文献から、本委員会のエビデンスレベル分類に従って採択し、推奨グレードを評価した。
紹介文より引用:http://www.kk-kyowa.co.jp/stroke/index.html

オススメ度 ★★

(専門知識を学びたい人におすすめ)

内容

脳卒中関連5学会が総力を挙げて作成した「脳卒中治療ガイドライン2015」は、2004年・2009年に発売されていたものの全面改定版です。
 
内容は「脳卒中一般(超急性期管理、合併症対策など)」、「脳梗塞・TIA」、「脳出血」、「くも膜下出血」、「無症候性脳血管障害」、「その他の脳血管障害」、「リハビリテーション」に大分類されています。

たとえば、高血圧患者では脳卒中予防のために血圧140/90mmHg未満が強く勧められる(グレードA)、蛋白尿や糖尿病合併例では130/80mmHg未満、後期高齢者では150/90mmHg未満を目標とすることを考慮してもいい(グレードC1)、2型糖尿病患者ではスタチン投与が強く勧められる(グレードA)、喫煙は脳梗塞・くも膜下出血の危険因子であり禁煙が強く勧められる(グレードA)などなど……。
 

本書の特徴

超急性期の管理からリハビリテーションまで膨大なエビデンスを整理・網羅した分厚い一冊です。病態によって推奨度が明瞭に示されているので非常に読みやすい構成となっています。
 

おわりに

ちいさな病院では常勤の脳神経外科や神経内科がいないことがほとんどです。

さらに、夜間救急では専門外であろうと一人で脳卒中に対応しなければならないことが多々あります。そういう時にこの一冊があれば役に立つのかなと思って購入しました。実際、知っている内容も多かったのですが、厚いわりには読みやすく具体的な内容が多くて面白く読むことができました。
 
Wikipediaでは脳梗塞などの項目に未だに「脳卒中治療ガイドライン2009」の内容が引用されています。医療関係者はインターネット上の情報だけではなく、学会やガイドラインなどでアップデートされた情報を自分から得ていく態度であるべきと思います。
 
 
 

脳卒中治療ガイドライン 2015

脳卒中治療ガイドライン 2015

脳卒中機能評価・予後予測マニュアル

脳卒中機能評価・予後予測マニュアル

脳卒中ビジュアルテキスト 第4版

脳卒中ビジュアルテキスト 第4版

【書評】 知らなきゃ危ない! 病棟でよくつかわれる「くすり」 エキスパートナース 2016年11月号増刊 【感想】

全ナース必携!知らなきゃ危ない!病棟でよくつかわれる「くすり」 2016年 11 月号 [雑誌]: エキスパートナース 増刊

オススメ度 ★★★★

(病棟看護師、初期研修医におすすめ)

内容

タイトル通りの内容で、病棟でよく使われている降圧薬、抗不整脈薬、利尿薬、抗血小板薬・抗凝固薬、下剤、解熱鎮痛薬、オピオイド鎮痛薬、睡眠薬・抗不安薬、不穏に対する向精神薬、抗てんかん薬、血糖降下薬、インスリン製剤、抗菌薬について、薬の作用機序、薬が使われる疾患の基本知識観察・ケアのポイントが図表を用いて解説されています。
 
たとえば、下剤のページでは、便秘の分類を図解してから下剤の作用機序、大腸のどこに効くのかが解説される構成になっています。観察・ケアのポイントではブリストル便性状スケール、塩類下剤では高マグネシウム血症の副作用があることやグリセリン浣腸の体位までコンパクトながらも要点を抑えた内容です。
 

本書の特徴

カラフルでわかりやすい図表が満載です。薬を羅列するだけではなく、全パートにわたって基本的な疾患の解説が最初にあるので、「どういう病態に対してこの薬が使われているのか?」というところが非常に分かりやすくなっています。薬の一覧は2016年11月の最新の時点までカバーしてあり、観察・ケアのポイントも要点をしっかり抑えてあります。
 

おわりに

目を引くタイトルに惹かれて購入しましたが、「薬がみえる」を病棟看護師向けに特化させて内容を絞り込んだような本でした。病棟看護師に向けて作られている本ですが、この本に書いてある内容を完璧に理解している医師も少ないのではと思います。
 
本書に出てくる図表はすべてキレイに作られていて内容も十分、大変勉強になりました。全129ページ程度と薄めなので、ササッと読めるのが良かったです。病棟にひとつ置いておくと便利かなと思います。
 
 
 

薬がみえるvol.1

薬がみえるvol.1

薬がみえる vol.2

薬がみえる vol.2

薬がみえる vol.3

薬がみえる vol.3

【書評】 胃と腸 2016年1月号 慢性胃炎を見直す 【感想】

胃と腸 2016年 1月号 主題 慢性胃炎を見直す

オススメ度 ★★

(専門知識を学びたい人におすすめ)

内容

「慢性胃炎」の歴史、病理診断、内視鏡診断(拡大内視鏡診断)、臨床診断(血清診断)、A型胃炎の診断、残胃炎などの知見をまとめた一冊です。

胃炎の歴史は古く、多様な分類が呈示されていますが、日本では2014年の第85回日本消化器内視鏡学会総会から「胃炎の京都分類」が新たな胃炎分類として提案されるようになりました。

本書ではこれまでの胃炎分類の歴史、「Updated Sydney System」と「胃炎の京都分類」を中心に慢性胃炎の組織学的病理学的な違いについて、専門の筆者ごとに記事をわけて、大変わかりやすく記載されています。

本書の特徴

きれいな内視鏡写真が豊富でヘリコバクターピロリ菌除菌前・除菌後の違いがわかりやすくなっています。胃炎の京都分類についてはわかりやすくテーブル表記、画像も大きく掲載してあります。

おわりに

本書を読んでみて今一度勉強になりました。日本で上部消化管内視鏡検査に携わる人は、これからは完璧とは言わなくても京都分類の方法を知っておく必要があると思います。

胃と腸では今後「胃炎のすべて」という企画を増刊で考えている(?)らしく期待しています。
 
 
 

胃と腸 2016年 1月号 主題 慢性胃炎を見直す

胃と腸 2016年 1月号 主題 慢性胃炎を見直す

胃炎の京都分類

胃炎の京都分類

  • 作者: 春間賢,加藤元嗣,井上和彦,村上和成,鎌田智有
  • 出版社/メーカー: 日本メディカルセンター
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
H.pylori感染の診断と治療のガイドライン 2016改訂版

H.pylori感染の診断と治療のガイドライン 2016改訂版

  • 作者: 日本ヘリコバクター学会ガイドライン作成委員会
  • 出版社/メーカー: 先端医学社
  • 発売日: 2016/08/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る