医学書の感想

実際に購入した医学書のレビューサイト

【書評】 胃食道逆流症(GERD) 診療ガイドライン2015 【感想】

胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015(改訂第2版)

オススメ度 ★★

(専門知識を学びたい人におすすめ)

1. 内容

日本消化器病学会が編集した「胃食道逆流症(GERD:Gastroesophageal Reflux Disease)の診療ガイドライン2015」です。他のガイドラインと同様にクリニカルクエスチョンをエビデンスに基づいて統合・編纂した構成になっています。内容としては「疫学」「病態」「診断」「治療」のほかに「上部消化管術後食道炎」「食道外症状」の記載があり、胃食道に逆流をきたしうるものについて抜かりなくまとまった一冊となっています。

2. 本書の特徴

消化器病学会編集のガイドラインと同じ構成で見開き1ページに必要な情報が詰まっています。クリニカルクエスチョンに対するステートメント、エビデンスレベル、推奨の強さと文献一覧のスッキリした構成です。

3. おわりに

GERDはよくあるcommon diseaseですが、このガイドラインでは結構豆知識的なところまで書いてあってなかなか面白く読めました。

たとえば、「激しい肉体運動はGERDの誘発因子となるか?」というクリニカルクエスチョンには「激しい肉体運動はGERを増加させるが、GERDを誘発させるかどうかは不明である」と書いてあったり(この質問はいったい?)。ちょっと知的好奇心を満たすような内容も散見されました。

「GERDに対してはPPI出して終わり」とだけ思っている人には一度読んでみてほしい内容が詰まっています。
 
 
 

胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015(改訂第2版)

胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015(改訂第2版)

胃と腸 2016年 9月号 主題 表在型Barrett食道癌の診断

胃と腸 2016年 9月号 主題 表在型Barrett食道癌の診断

消化器内視鏡第23巻12号 食道胃接合部病変をめぐる新知見 (消化器内視鏡2011年12月号)

消化器内視鏡第23巻12号 食道胃接合部病変をめぐる新知見 (消化器内視鏡2011年12月号)

【感想】 腹部超音波ポケットマニュアル 【書評】

腹部超音波ポケットマニュアル

オススメ度 ★★★

(超音波をする機会のある人におすすめ:検査技師、医師)

1. 内容

腹部超音波の初心者から指導者や中級者まで幅広い層を対象とした本です。

2011年出版のちょっと古めの本ですが、これまで第5刷まで増刷されています。「日本超音波学会推奨の走査手順」を基本として、手書きのシェーマとエコー・CT画像の対比が各臓器別にまとまっています。臓器別としては「肝臓・門脈」「脾臓」「胆嚢・胆管」「膵臓」「腎臓・副腎」「膀胱・前立腺」「消化管」「腹部大動脈」「子宮・卵巣」の項目に分かれていて、走査の目的(どこを見るか?)・方法(どうやって見るか?)・コツ(どのように見るか?)を基本として、特徴的な所見(~ sign)の参考画像が載せられています。巻末には会話略語や英会話が書いてあります。
 

2. 本書の特徴

実際のCT画像を用いて解剖や走査法、症例の説明を行っていることは最近の本ではよくある内容ですが、本書ならではの走査のコツが随所に書いてあること、最新の病期分類や外国人が来院した場合の英会話(!?)まで載っていることが他書との相違点でしょうか。あとは何といっても白衣のポケットに入るほどコンパクトな本なので、わからなかった点をサッと見返す用途にピッタリです。
 

3. おわりに

腹部エコーをするうえで大切なことは「解剖の理解」「断面を頭の中で3Dで再構築する」「エコーのピットフォールを理解すること」だと思っていますが、本書には様々なエコー断面が載っていて大変勉強になりました。

エコーは、基本知識を付けた後は実践あるのみだと思いますので、本書をエコー室や救急外来に持っていって活用したいですね。サイズのわりに内容は実践的なので本書が手元にあればあまり困ることはないと思います。
 
 
 

腹部超音波ポケットマニュアル

腹部超音波ポケットマニュアル

解剖と正常像がわかる! エコーの撮り方 完全マスター

解剖と正常像がわかる! エコーの撮り方 完全マスター

腹部超音波テキスト〜上・下腹部〜 改訂第三版 (Atlas Series超音波編)

腹部超音波テキスト〜上・下腹部〜 改訂第三版 (Atlas Series超音波編)

いまさら聞けない腹部エコーの基礎―CD‐ROMで超音波講習会を再現

いまさら聞けない腹部エコーの基礎―CD‐ROMで超音波講習会を再現

【書評】 ERのTips 【感想】

ERのTips

オススメ度 ★★★

(知識をさらに深めたい人におすすめ)

1. 内容

2016年3月出版。iPhoneアプリ「ERのTips」から生まれた初期研修医向けの本です。様々な疾患において、治療方針の判断基準となるルール(=Clinical Decision Rule; CDS)をエビデンスに基づいてまとめた内容になっています。

たとえば、肺炎なら「A-DROP」「CURB-65」「PSI」など色々と指標がありますが、これらの成り立った背景(日本なりにアレンジしたA-DROP、A-DROPとCURB-65の違い等)から、それぞれの使い分けの方法が事細かに書いてありますし、さらに肺炎であれば抗菌薬の使い方の例まで書いてあるなど非常に丁寧な内容です。

2. 本書の特徴

肺炎から上部消化管出血、中耳炎から外傷まで幅広い分野にわたってClinical Decision Ruleが紹介されています。チャプター毎に参考文献が大量に挙げられていて、構成は「ステップビヨンドレジデント 1 救急診療のキホン編」のシリーズになんとなく似ています。他書にはないような各検査・試験の感度、特異、尤度比がたくさん紹介してあります。

3. おわりに

他に類をみない違った切り口からの救急本で非常に面白く読むことできました。上にも書きましたが、“ステップビヨンドレジデント”に似ていて豆知識のようなことが満載で、知識欲がたいへん満たされました。
 
 
 

ERのTips

ERのTips

動きながら考える!内科救急診療のロジック

動きながら考える!内科救急診療のロジック

ステップビヨンドレジデント 2 救急で必ず出合う疾患編

ステップビヨンドレジデント 2 救急で必ず出合う疾患編

ステップビヨンドレジデント 1 救急診療のキホン編

ステップビヨンドレジデント 1 救急診療のキホン編

ステップビヨンドレジデント 3 外傷・外科診療のツボ編

ステップビヨンドレジデント 3 外傷・外科診療のツボ編